2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になること2。 - 2010.05.31 Mon

以前、3月16日の日記で書いたこと。
6月には改めて審議されるようなので、またもや書いてみる。
でも、都民じゃないんだな。

以下、今思うこと。


相変わらず不勉強で申し訳ないとは思うのですが、「非実在青少年」について。
今のところ、やっぱり
「犯罪が横行しているからと言って、表現の自由を規制するのは違うんじゃないの?」
と言う気持ちです。

あれから、児童ポルノに関する、新聞の記事(ウチは読売新聞)を見ながら思っていたんですが。

性犯罪そのものに対する倫理観の方が問題。

と言う気持ちにますますなりました。

18歳以下に限らず、全年齢、性差無しに対して対応するべきではないですか?
大人(18歳以上)であっても、性犯罪被害者の気持ちは変わらないと思いますよ。

児童の親が、犯罪者に加担していることもあるという事実を知って、その売上げが生活費ではなく、遊興費にまわってしまう。という現実。遊興費ではなくても生活費に充てられてしまうという現実。
貧しさから子供を売る。という行為。
当たり前のように歴史の中で繰り返されている行為。
けれども、現在の私達が行ってもいいということにはなりません。

売春と買春。

それは法律で禁止されていることです。
けれども、何を売るのか何を買っているのか。
明確な規定がないといけないんでしょうか?
倫理と良心と想像力で人によって千差万別のものでもあると思います。

民主主義は多数決であるのかもしれません。
少数派は排除されやすく、また、それゆえに集団心理が働いたり、傷の舐めあいというものが生まれるのかもしれません。
けれども、多数決ゆえに守られるべきルールも存在すると思うのです。
倫理観という基準も生まれると思うのです。
だからといって、少数派であることを罪に思うことはないと思います。
自分というものを信じることも必要なことだと思っています。
ただ、それを他人に押し付けること。
それは明らかなルール違反です。
社会生活を送っている。という事実を認識していないことだと思うのです。

たとえば、一人きりの宇宙船のような誰もいない空間の中でマイルールをもって生きていく上では問題はないのかもしれません。
全くの一人きりで自給自足の生活を送っているのならば、他人が存在しない場所であるならば自分のみの倫理で生きていけばいいと思うのです。ある日どこかで他の生物と出会った時まで。

児童が持っている未来。
というのは、大人になってしまった人が持っている未来よりは、時間も可能性も秘めているものだと思います。
その未来を守るために、成文化しよう。という気持ちもわかります。
実際に、ネット上での画像は遮断できるようになったようですね。
それは対策として有効だと思います。
繰り返し訪れる人がそれが普通だと常識化してしまわないようにアクセスを禁じることは必要なことだと思います。
同じように、簡単に手に入ってしまうということは非常に危険な気がします。
供給過多によってあふれ出したものが大量に出回っている現状は常識を簡単に覆してしまうものだと思います。

ただ、それを表現してはならない。ということにはつながらないと思います。
誰もが見れる現状。そしてそれが常識だと勘違いしてしまわないこと。
まずそれが必要な気がします。
正しいか、正しくないかということではなくて。
社会生活を送る上での必要なルールを認識すること。
子供にとっては大人が見本になるということ。
常識と非常識・・・・・多数と少数を区別する上での共通の倫理観。
そうしたものが必要な気がします。

余談になりますが、
小学校の頃、立ち読みできる本屋で立ち読みをしていたら、痴漢にあったことがあります。
小学生といっても、今と体格はあまり変わらなかった(発育が良かったのか?)ので、読むのに夢中になりすぎてぼうっとした隙だらけのミニスカートをはいた女性。に見えたのかもしれません。
子供だったうえに読むのに夢中なので(何でこの人は私の足に硬いものを押し付けてくるのだろう)(他にも立ち読みしている人はいるけれど、本当は立ち読みしちゃいけないのかな?)(それにしても、しつこいな)と思い、そちらの方を見ると、そそくさと押し付けていたものを隠そうとして明らかに様子がおかしいわけです。
(こわい)と思って急いでそこから立ち去りましたが、それ以来、本屋で立ち読みできずに今に至ります。
トラウマになったわけですね。

学生の頃、電車通学をしていて、二人掛けの席が一つ空いている。と思って座っていたら、ポケットに手を突っ込んだまま、隣りにいたおじさんが、私の足を触っているんですよ。スカートの上から。
急いで席を立って、他の車両に逃げましたよ。
以来、そのときはいていたスカートはハケナクナリマシタ。お気に入りのロングのキュロットスカートだったのに。

今、思うとその場で声をあげて、痴漢を捕まえてもらえばいいと思うのですが、当時は怖ろしさが先にたって、とりあえずその場から逃げたい思いでいっぱいになりました。
その痴漢が再犯して捕まっていればいいのですが、同じ思いをしているような人がたくさんいる可能性のほうが高い気がします。
そして、調子に乗ってより過剰になっている可能性も高いのかもしれません。

埼玉で電車の車両に防犯カメラで監視する。
ということが、痴漢の抑制になっていると聞いて、被害が少なくなることを祈るばかりです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

桔梗さま

コメントありがとうございました。
読みづらい上に迷走していまして申し訳ないです。

自分の中で折り合いをつけて外に吐き出せるようになるまで大変な葛藤をなさったかと思います。
心の平穏を取り戻せたようなら何よりだと思います。
傷が深いほど表に出せないということがやるせないです。

自衛隊・・・・・あり方についていろいろと考えます。
選挙権・・・・・義務であり権利だと思っています。

続けて気にしていきたいと思っています。

こんにちは

拝見しました。
本館の方にもいづれきちんと書く気でいますが、わたしは条例という法律の下の成文法で、憲法で守られている権利を侵害するのは間違いである、という考えでいます。
自衛隊のように、「違憲だが合法である」なんていう馬鹿げた状態を起こしてほしくないですし、児童ポルノとこれはまた別問題であると思います。
性犯罪と表現の自由はまったく別問題です。
確かに目を覆いたくなるような性表現の漫画や本や文章はこの世に溢れていて、ちょっとは考えてーなと思うことも多々あります。
わたしも5年ほどスカートが履けない時期がありました。怖いです。本当に怖いですよね、自分が人間ではなく単なるモノとして扱われる怖さ。悔しさ、自分の存在の無力感。そして、あいつを殺してやりたいとほど思う憎さ、そんな感情が自分にあったことへの嫌悪。
きちんと自分の言葉でブログにするつもりでいます。
都民でなおかつ有権者であるということを、捨てない自分でありたいです。
真面目に書きました。
ではまた別館などで。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusinka.blog115.fc2.com/tb.php/113-34f0e0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まだまだ «  | BLOG TOP |  » 手に取るまで、読むまで。

プロフィール

moa

Author:moa
水瓶座  AB型
いくつになっても
  乙女心は必携です。
【みがはくは身代わり伯爵の略?】

クリックで救える命がある。

クリックで救える命がある。

継続は力なり。 ちりも積もれば。

むらっくくん

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報

無力ですがせめて応援だけでも。

FC2カウンター

カテゴリ

はじめまして (1)
日々の徒然 (106)
みがはく (222)
みがはく感想記事一覧 (1)
雨が上がると (34)
記事一覧 (1)
読後の感想 (91)
感想記事一覧 (1)
コミックス (13)
トラックバックテーマ (6)
未分類 (4)
ファイルアップ (0)

最新記事

竜退治と世界征服への野望

いつもお世話になっております。

最新コメント

mail

何かありましたらお気軽にどうぞ。 素早い行動はできませんが(汗)。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。