2017-11

「女縁」を生きた女たち - 2010.07.08 Thu

「女縁」を生きた女たち (岩波現代文庫)「女縁」を生きた女たち (岩波現代文庫)
(2008/09/17)
上野 千鶴子

商品詳細を見る


身代わりつながり読書シリーズ。
桔梗さまおすすめの上野千鶴子さんを読んでみました。
フェミニズムやジェンダーについての著作のほうが多いようですが・・・・・。
詳しくないのでわかりません。・・・・・。
脱専業主婦をテーマにしたこの作品は非常に身近。
主婦フェミニズムとも言われているのでしょうか?

以下、感想。


地縁や血縁とは違うママ友や生協仲間、趣味の講座仲間などで自分で選択して得られた女性同士のつながりを「女縁」と名付けられ、
そうした仲間で充実した活動をしている専業主婦のことを「えんじょいすと」(縁女いすと)と名付けられ、
20年ほど前の大阪で調査をしたリポートを第一部、第二部ではえんじょいすとご本人達のその後を語られたものを収録したものです。

上野さんは初めて読んだのですが、読みやすい。というのが第一印象。
ぱきぱきとさくさくと進んでゆきます(笑)。

兼業と専業の違いはお金を稼いでくるか否か。という位置づけでしたが、専業主婦の中にも活動をしているうちに収入が発生し、脱専業主婦化する。
こうした草の根活動は「最大」の利益を追求せず「適当」な利益を追求する。
企業にもお上にも相互に「適当」な有効性があるのでは?

ということだと思うのですが(笑)。
非常にうんうん。と頷きたいことが書いてありました。

もちろんこうした活動をするためには家庭の収入として妻の収入がなくても夫の収入だけで家族を養っていける。という余裕がなければいけませんし。
そうした活動を支えてくれる家族でなくてはできませんし。
という条件はもちろんあるのですが、適度に働いて適度な収入を得て充実した(家庭にこもりきりではなく、社会とのつながりがある)生活が成り立てばいいな。という理想があり、楽しく読めました。

現在は不況。高齢化による介護。こうしてできた縁を次の世代へとつなぐことができるのか。という点で「おひとりさまの老後」(まだ読んでないのでなんともいえないのですが)につながるんだろうな。と思いました。

ただ、やはり中流家庭以上の女性限定だと思うので、賛否両論あるんだろうなとも思いました。

個人的には親の収入格差は子供に響かないでほしいし。
結婚をするしないの選択もほしいし。
子供を生む生まないの選択もほしいし。
何よりも一度きりの人生は幸せに過ごしたいし。
お金がなくては生活は成り立たないし。
といろいろと。
生活することと子育てと愛情とぐるぐると。

今週末は選挙。きちんと考えて一票入れたいと思います。
・・・・・どこに着地するんだか。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

桔梗さま

コメントありがとうございました。

フェミニズム・・・なるほど。女性が女性らしく生きる。女性でなくても「らしく生きる」は大事ですよね。

2008年に20年前に調査されたレポートを再録してプラス現在(20年後)の本人達のコメント?を載せています。
40代50代だった方が60代70代になって当時を振り返ってみてというのが二部です。

わかりやすさ・・・論文に限らず他人に意見を主張する場合、わかりやすさは必須だと思います。誤解を招かないための言葉の厳選も同じく。
ブログにしてもそういったことを気をつけて書きたいと思っています。書けているかは別問題・・・orz。

上野千鶴子氏・・・著作を密林さんで検索していて他の方の感想も拝読しましたが、面白そうな本も多いので是非また読みたいと思っています(笑)。

ご紹介ありがとうございました。

フェミニズム

こんばんは。
フェミニズムは女性の生き方を考えるものなので、主婦論争はずーっと以前からあるんですよ。
フェミニズムの問題のひとつです。
女性が男性化して生きるのではなく、女性が女性のまま、自分らしく生きるための学問なので。

これ、わたしは読んでいませんが、20年前の景気が良かったあたりに書かれたのでしょうか?
確かに、夫の収入のみで生活が成り立つことが専業主婦の条件ですからね。

上野千鶴子氏の本は、本当に読みやすいです。
正しい日本語で分かりやすく説明して下さいます。
さすが東大教授です。
正しい日本語で分かりやすく説明するのがどれだけ難しいか……。
他のフェミニズム(に限らず論文系)の本を読むと「だから!?アナタのいいたいことはナニ?!」と思うことは多いので(笑)、わたしは上野千鶴子氏が好きです。
良かったら、他の本も。
考え方がニュートラルになるし、上野千鶴子氏の本は間違った日本語リセットにもなって、思考法リフレッシュに読むと効きます(笑)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusinka.blog115.fc2.com/tb.php/129-2532bfc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

村田エフェンディ滞土録 «  | BLOG TOP |  » 雨が上がると 3

プロフィール

moa

Author:moa
水瓶座  AB型
いくつになっても
  乙女心は必携です。
【みがはくは身代わり伯爵の略?】

クリックで救える命がある。

クリックで救える命がある。

継続は力なり。 ちりも積もれば。

むらっくくん

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報

無力ですがせめて応援だけでも。

FC2カウンター

カテゴリ

はじめまして (1)
日々の徒然 (106)
みがはく (223)
みがはく感想記事一覧 (1)
雨が上がると (34)
記事一覧 (1)
読後の感想 (91)
感想記事一覧 (1)
コミックス (13)
トラックバックテーマ (6)
未分類 (4)
ファイルアップ (0)

最新記事

竜退治と世界征服への野望

いつもお世話になっております。

最新コメント

mail

何かありましたらお気軽にどうぞ。 素早い行動はできませんが(汗)。

検索フォーム