2017-05

翼の帰る処〈2〉鏡の中の空 - 2010.09.15 Wed

翼の帰る処〈2〉鏡の中の空〈上〉 (幻狼ファンタジアノベルス)翼の帰る処〈2〉鏡の中の空〈上〉 (幻狼ファンタジアノベルス)
(2009/07)
妹尾 ゆふ子

商品詳細を見る
そんな引きで下巻に続くんですか!!(笑)。


翼の帰る処〈2〉鏡の中の空〈下〉 (幻狼ファンタジアノベルス)翼の帰る処〈2〉鏡の中の空〈下〉 (幻狼ファンタジアノベルス)
(2009/08)
妹尾 ゆふ子

商品詳細を見る
皇女が愛しくて可愛い。


身代わりつながり読書シリーズ。
穂さま・桔梗さまおすすめのシリーズ2巻目。

以下、感想。



1巻目に比べると格段に読みやすかったです!!
でも、波が激しい・・・。何故だ・・・orz。

今回の副題がとても好みでした。
そして、冒頭のヤエト少年が可愛すぎでしょう!!
という勢いで最後まで読みました(笑)。

まず表紙。
相変わらず、後ろ暗い過去のある味音痴な武闘の達人が主役なそのままの上巻(笑)。
今回は彼の謎が真の主役(本当か?)にどう絡んでいくか。というお話。
そんなキーパーソンだとは思わなかったです。

そして、口絵。
・・・・・年寄りな表紙とは対照的な、少年・若年組みの登場(笑)。
美青年より美少年を期待する身としては(笑)おおっ!と思いました。
厩舎長の期待の新人タルキンが可愛いです。今後の活躍に期待(笑)。

本編。
やっぱり影の主役はジェイサルドなんですか(笑)?
とずっと思っていたら、ラストの数ページでヒロインがカッサラッテイキマシタ。
なんて思わせぶり。という引きで(笑)。
速攻で下巻を開きましたよ。
今回はまとめて読まないといけません(笑)。

下巻の表紙。
こちらもそのままな表紙。
ルーギンと皇女が主役。

口絵はヤエトさん。
作者さんお気に入りだそうです。

あとがき曰く、今回はルーギンを主役にという目標だったらしいです。
美貌の皇妹殿下にはなびかないのに、ルーギンにときめくヤエトってどうなの?
と思わず突っ込んでしまうくらい恰好よかったらしいです(笑)。
個人的にイラストで髪をなびかせて飛び降りてるルーギンに噴いてしまったので・・・(スミマセン)。

というように、ラストの数ページが素晴らしくて、内容を忘れてしまう勢いでした。

今回はヤエトが望まない出世をして、本格的に帝国中枢と跡目争いに絡んでいく準備段階と、最終的な?彼らの目標が提示された巻といったところでしょうか?
舞台が北嶺から、沙漠に広がって鳥さん達大活躍。
相変わらず主役は無駄に勇敢だわ、出てくる人物皆さん、お腹にいろいろ抱えているらしく、敵か味方か?
という状況なのですが、恩寵の力の加減を多少は調節できるようになったり、皇女が凛々しくて可愛くて、ヒロイン力全開だったりと進展がありました。

皇女がやたらと可愛かったー!!
侍女も可愛かったー!!
部下の愛妻も魅力全開でしたね!!
そして、未亡人の腹黒さに惚れてしまいそうだ!!
というように、女性陣も大活躍。
面白かったです。

ゆっくり気長に追いかけたいと思います。
窓にしろ扉にしろ鏡にしろ。フレームのあるものが私好きなのかしら?と思った二冊でした。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusinka.blog115.fc2.com/tb.php/159-daebcd03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

風と木の歌―童話集 (偕成社文庫) «  | BLOG TOP |  » 余談

プロフィール

moa

Author:moa
水瓶座  AB型
いくつになっても
  乙女心は必携です。
【みがはくは身代わり伯爵の略?】

クリックで救える命がある。

クリックで救える命がある。

継続は力なり。 ちりも積もれば。

むらっくくん

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報

無力ですがせめて応援だけでも。

FC2カウンター

カテゴリ

はじめまして (1)
日々の徒然 (105)
みがはく (222)
みがはく感想記事一覧 (1)
雨が上がると (34)
記事一覧 (1)
読後の感想 (91)
感想記事一覧 (1)
コミックス (13)
トラックバックテーマ (6)
未分類 (4)
ファイルアップ (0)

最新記事

竜退治と世界征服への野望

いつもお世話になっております。

最新コメント

mail

何かありましたらお気軽にどうぞ。 素早い行動はできませんが(汗)。

検索フォーム