2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたりの距離の概算 - 2010.10.27 Wed

ふたりの距離の概算ふたりの距離の概算
(2010/06/26)
米澤 穂信

商品詳細を見る
古典部シリーズ。

身代わりつながり読書シリーズ。
穂さまおすすめの一冊。

以下感想。
ですが、米沢穂信さんを読んだのは今回が初めてだったのでした・・・・・。


以前から、お名前をよく拝見していた方だったので、一度読みたいと思っていた米澤穂信氏。

しかし・・・・・。
小市民。古典部と、シリーズがあるようですが、なぜかどれから読んでいいのかわからない(苦笑)。
・・・同じ理由で気になる西尾維新さん・・・どの作品から読むべきなのか(苦笑)。
と思っていたら、穂さまが野生時代連載時からチェックされていた作品が!
ということで借りてみました。

タイトルと内容が非常に巧妙でした!!!

まずタイトルが好みだったせいもありますが、高校生のマラソン大会の一日が舞台。
様々なふたりの距離を主人公(省エネ少年らしい)が考察していく。というものでした。
途中まで、ミステリだと気付かなかったです・・・・・。
恩田陸さんの「夜のピクニック」を連想しました。

いま、ウィキで見たら青春ミステリとは殺人事件の起こらない「日常の謎」を探るミステリだそうです。
・・・・・納得。地味万歳!!

しかし、古典部の活動がわかりません!(笑)

とりあえず、古典部のシリーズが「氷菓」から始まることがわかったので、シリーズ読み進めて行きたいと思います。
所々に挟まれる過去の事件が気になりすぎます!

そして、小市民のシリーズはタイトルが美味しそう過ぎます(笑)。
本屋で目に飛び込んできたタイトルはこちらの方でした(笑)。
栗きんとんの季節です!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusinka.blog115.fc2.com/tb.php/184-2c3a1f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電信柱と妙な男 «  | BLOG TOP |  » なぜ戦争はよくないか

プロフィール

moa

Author:moa
水瓶座  AB型
いくつになっても
  乙女心は必携です。
【みがはくは身代わり伯爵の略?】

クリックで救える命がある。

クリックで救える命がある。

継続は力なり。 ちりも積もれば。

むらっくくん

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報

無力ですがせめて応援だけでも。

FC2カウンター

カテゴリ

はじめまして (1)
日々の徒然 (105)
みがはく (222)
みがはく感想記事一覧 (1)
雨が上がると (34)
記事一覧 (1)
読後の感想 (91)
感想記事一覧 (1)
コミックス (13)
トラックバックテーマ (6)
未分類 (4)
ファイルアップ (0)

最新記事

竜退治と世界征服への野望

いつもお世話になっております。

最新コメント

mail

何かありましたらお気軽にどうぞ。 素早い行動はできませんが(汗)。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。