2017-09

だるまちゃんとてんじんちゃん (こどものとも傑作集) - 2011.04.08 Fri

だるまちゃんとてんじんちゃん (こどものとも傑作集)だるまちゃんとてんじんちゃん (こどものとも傑作集)
(2006/10/04)
加古 里子

商品詳細を見る
読み聞かせしやすい。

図書館でてんぐちゃんがなかったので同じシリーズを。
まるで紙芝居のように読み聞かせしやすい本でした。素晴らしいー!
実は私このシリーズ読んだことなかったのかしら(汗)。

釣りに出かけた「だるまちゃん」が池で出会ったのは三人の「てんじんちゃん」でした。

以下感想。



小学生三人に眠る前に読み聞かせましたが、みんな楽しそうに聞いてくれました。
見開きの最後のページが次に期待を持たせるように終わっているので、すごくページがめくりやすかったです!!
ページをめくるタイミングって意外と難しい本もあったりして、どのタイミングがいいのかな?と結構迷いますが、これはわかりやすい。
そして、こんなに感激するってことは、読んだと思っていたてんぐちゃんを実は読んでいなかったのか?と自問。
表紙とタイトルだけが強烈に残っているだけで、実は読んだことがないという本が結構ある気がします。

それはさておき。

だるまちゃんが釣りに出かけて、大物を釣り上げそうになるのですが、とても一人では引き上げることが出来ません。
そこで、通りがかったあおてんじんちゃんが手伝ってくれます。それでもなかなか引き上がりません。
次に、通りがかったきいてんじんちゃんも手伝ってくれます。それでも・・・。
という「おおきなかぶ」状態。
結局、魚は釣れませんでしたが、手伝ってくれたてんじんちゃん達を、今度はだるまちゃんが手伝いに行きます。
それは、畑仕事をしているてんじんちゃんの両親へおにぎりを届けに行くことでした。

ここで、新一年生から「そのおにぎりは昼ごはんなの?」と質問が。
(・・・???)と思ったので「どうして?」と聞いたところ。
「え?わかんなかったから。」との答え。

(畑仕事は昼間にしかできないし?)と説明すると。
「え?電気はつかないの?」との答え。

おおおおおおお!と思いました。
園生活で畑仕事(とはいっても苗を植えたり、水遣りなどですが)も多少はしたことがあるし、家の電灯を消すと怖いー。と言ったりもするので、夜になると外は「暗い」ということがわかっているのかと思っていましたが、そんなこと全然ありませんでした!!!

五年生と三年生は、一応、てんじんちゃんの着物の衣装を見て、電気がない時代は外は「暗い」。という事は認識していたようです。

四年生で「月と星の観察」が宿題で出され、ベランダで仲良く夜空を見上げていたのですが、園児には夜は暗いという意識はなかったようです。
たしかに、家々の明かりや街灯で結構な明るさがあるからかもしれません。
私自身も最近になって、満月の明るさにかなりびっくりしたことを思い出したり。

最近の子供の様子を見ていて、節電にちっとも反応しないなあ。と思っていたのですが、ようやく何かすっきりしたような気がしました。
ああ、ウチの子経験値が足りないわ・・・・・。山奥にキャンプだ。と思いました。

それはおいておいて。

釣りに出かけただるまちゃんもお家に帰るとお母さんと妹?が待っています。
そして釣果にお母さんもにっこり。

・・・・・何かとても考えさせられました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusinka.blog115.fc2.com/tb.php/244-f744ba0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はっきよい畑場所 (講談社の創作絵本) «  | BLOG TOP |  » 薄紅色

プロフィール

moa

Author:moa
水瓶座  AB型
いくつになっても
  乙女心は必携です。
【みがはくは身代わり伯爵の略?】

クリックで救える命がある。

クリックで救える命がある。

継続は力なり。 ちりも積もれば。

むらっくくん

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報

無力ですがせめて応援だけでも。

FC2カウンター

カテゴリ

はじめまして (1)
日々の徒然 (106)
みがはく (222)
みがはく感想記事一覧 (1)
雨が上がると (34)
記事一覧 (1)
読後の感想 (91)
感想記事一覧 (1)
コミックス (13)
トラックバックテーマ (6)
未分類 (4)
ファイルアップ (0)

最新記事

竜退治と世界征服への野望

いつもお世話になっております。

最新コメント

mail

何かありましたらお気軽にどうぞ。 素早い行動はできませんが(汗)。

検索フォーム