2017-05

夕凪の街 桜の国 (双葉文庫) - 2011.11.14 Mon

夕凪の街 桜の国 (双葉文庫)夕凪の街 桜の国 (双葉文庫)
(2008/04/10)
こうの 史代

商品詳細を見る
世代を超えて

以下感想。


以前より話題になっていた一冊。
話題にしていいのだろうか。というか、当事者ではないのにその気持ちはきっとわからないし。
と思っている私には入りやすい一冊でした。

ある一日を同じ時間同じ地域で経験した人でも、そのかけがえのないたった一人の人間であって、誰一人として同じ人間はいないということ。

けれども、その一人の人間はある日、突然発生するわけでもなくて、遺伝子の船に乗って連綿とつながっている。つながってきた存在だということ。

一冊の本が読者によってそれぞれの解釈がされるように、一人の人間というのも出会った一人ひとりが違った印象で見ているということ。

そういったことをもやもやと思いました。
世代を超えて薄れていく憎しみというものもある気がするし。
薄れることなくより濃くなっていくものもあるし。
それでも、憎しみにとらわれて前に進めないのはさみしい事だと思うし。
事実をうやむやにするのではなく、ただ、忘れないために淡々と記録して後世に伝えることも大切だと思うのでした。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

桔梗さま

コメントありがとうございます。

良い方向を探るためにも、まず知ることなのかな。と思います。
「許し」大事だと思います。

難しい

当事者じゃない人が外部からごちゃごちゃいうのもあれですが、ホントに色々考えさせられる本だと思います。
「許し」を選んだ方が一番強いと思います。
そして、それを繰り返さぬことで後世に伝えて行こうとする人々は、本当に素晴らしいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusinka.blog115.fc2.com/tb.php/328-570ac65f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雨が上がると 23 «  | BLOG TOP |  » かさ

プロフィール

moa

Author:moa
水瓶座  AB型
いくつになっても
  乙女心は必携です。
【みがはくは身代わり伯爵の略?】

クリックで救える命がある。

クリックで救える命がある。

継続は力なり。 ちりも積もれば。

むらっくくん

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報

無力ですがせめて応援だけでも。

FC2カウンター

カテゴリ

はじめまして (1)
日々の徒然 (105)
みがはく (222)
みがはく感想記事一覧 (1)
雨が上がると (34)
記事一覧 (1)
読後の感想 (91)
感想記事一覧 (1)
コミックス (13)
トラックバックテーマ (6)
未分類 (4)
ファイルアップ (0)

最新記事

竜退治と世界征服への野望

いつもお世話になっております。

最新コメント

mail

何かありましたらお気軽にどうぞ。 素早い行動はできませんが(汗)。

検索フォーム