2017-09

身代わり伯爵の冒険 第6巻 (あすかコミックスDX) - 2012.03.30 Fri

身代わり伯爵の冒険 第6巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第6巻 (あすかコミックスDX)
(2012/03/23)
柴田 五十鈴

商品詳細を見る
もう最終巻だなんて嘘だといって。

4年にわたって連載されたコミカライズもいよいよ最終巻。
ということで以下。
何を読んでも大丈夫な方だけで。


柴田先生お疲れ様でした!
ということで、途中参戦(コミック二巻発売辺り)でしたが、随分と楽しませていただいた作品でした。
巻を重ねるごとに柴田先生の色も濃くなりつつ、原作のおいしいところを外さないセンスはさすが!と毎回楽しみでした。

華やかな王宮コメディなので、女の子たちの衣装や髪飾りなど、細かいフリフリな部分では、原作以上に楽しませていただいた気がします。
ポイントになるアクセサリーも想像の中でしかありませんでしたが、実際にイラストに起こされると華やかで可愛らしいなあ。とこの辺りはコミカライズならではでした!
コミカライズならではという点では、肖像画もありましたね!
幼少期や、シアランパパママも拝見できてとても嬉しかったです。

ほかのキャラクターもたくさん見たかったなあ。と思います。

ということで、まずは表紙から。
外せないスリーショットということで、メイン三人がそれぞれのイメージの花束を持ってフィナーレ。
フレッドさんとリヒャルトさんが背後で火花散らすとかありえないので(笑)仲良し三人ですよね!

春色の優しい色合いなのに……この帯の文句ったらないわ(笑)。

え?最終巻なのにミレーユまだその辺!?


とありますが、精神年齢というか、恋愛年齢はまだその辺でしょうねぇ(笑)。
それがミレーユの魅力だと思います(笑)。
後ろの新企画は、噴きました(笑)。
詩人リヒャルトさんの本領はまだまだこんなものではないと思うので、これからも楽しみにしています!

裏表紙も可愛くて!手のつなぎ方とか柴田先生外さないなあ。と(笑)。
フレミレファンとしては、二人の微妙な身長差とかときめくのですけれど!
見納めかと思うと淋しいです。

カバーをめくってのおまけまんが?は、噴きました(笑)。
うん。そういうお話だよね(笑)。
個人的には王女と女公爵の会話はこれからも読みたいです(笑)。

と、カバーを戻して、挟み込みカラー絵。
最終回の表紙にもなりました、スリーショットいちゃいちゃ編(笑)。
雑誌掲載時にはあおり文句に噴きました。それは反対側の人の本音?と。

そして、24話表紙。
原作では主役二人は案外珍しいので。リヒャルトさんその距離でもよかったねぇ。と思ってしまいます(笑)。
この回はアシュウィックさんの出番に個人的におおっ!!となりました。
本好きという点で、エドゥパパと仲良しだったりすると面白いなあ。と勝手に思っています(笑)。

今回の裏みがはくは、4コマまんが。とはいっても二コマ毎に分けられて、一つの作品のみということでした。
ミレーユの悩みは永遠なんでしょうねぇ(笑)。と乙女なミレーユが大好きです。

各話については雑誌掲載時に叫びすぎているので自重。
まとめて読むと、なんだか感慨深くて、涙が出そうです。
いや、シアラン公女編は切ない話ですけどね。
アルテマリス兄妹の関係とか、シアラン兄妹の関係とか、双子のラブラブとかに随分と救われます。
あ、親友同士のいちゃいちゃとか、従兄弟同士のじゃれあいも好きですよ?

真打ち妄想劇場はまさかのコスプレ卒業編でした。
理未の現代版お洋服はもっと見たかったですぅー!
今回は残念ながら、和服姿はなかったのですが、なんだかんだと絵になる二人なので、いろんな衣装でもっと見たかったなあというのが本音。
柴田先生の絵柄かなり好みなので…。というか、一巻から随分と印象が変わりましたよね。
剣道着姿は、ほんと眼福でしたー!

しかし、裏カバー袖…。何度見てもときめいて仕方ない(笑)。
もっと描いてくださいー!(涙)。

カバーをめくって最後の書き下ろしイラストには、にやにやが止まりません。
とだけ。

どうして最終巻かな。と思いつつも。
まだ終わった気がしないので、そのうち復活したら絶対購入していることでしょう。
だって、原作はこれからが本領発揮ですもの!

ということで、最後までお付き合いありがとうございました。

原作もまだ続いていますので引き続き。
柴田先生の新作はきっと必ずチェックしていることと思います!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusinka.blog115.fc2.com/tb.php/366-02af9655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

六蓮国物語 皇宮の嘘つき公主 (角川ビーンズ文庫) «  | BLOG TOP |  » 春めいた

プロフィール

moa

Author:moa
水瓶座  AB型
いくつになっても
  乙女心は必携です。
【みがはくは身代わり伯爵の略?】

クリックで救える命がある。

クリックで救える命がある。

継続は力なり。 ちりも積もれば。

むらっくくん

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報

無力ですがせめて応援だけでも。

FC2カウンター

カテゴリ

はじめまして (1)
日々の徒然 (106)
みがはく (222)
みがはく感想記事一覧 (1)
雨が上がると (34)
記事一覧 (1)
読後の感想 (91)
感想記事一覧 (1)
コミックス (13)
トラックバックテーマ (6)
未分類 (4)
ファイルアップ (0)

最新記事

竜退治と世界征服への野望

いつもお世話になっております。

最新コメント

mail

何かありましたらお気軽にどうぞ。 素早い行動はできませんが(汗)。

検索フォーム