2017-09

全サの - 2012.05.05 Sat

二月発送予定が四月に届きました小冊子。
発送終了とありましたのでそろそろいいかしら?と。
以下感想。
何を読んでも大丈夫な方だけでお願いします。


「身代わり伯爵と深い森の追憶」

いきなり表紙に悩殺されて、思わず速攻でブックカバーを付けたのは秘密です。
一通り読み終わってから、モノクロイラストが六蓮との間に挟まれていたのですが、そこでじっくりまったり観察して免疫をつけてから、改めて表紙に見入りました!
だって可愛すぎるんですものー。
出会ったころの二人と卒業したころの二人でしょうか?
大きいバージョンは今よりもちょっと若い感じですよね?
ひぃぃ。可愛すぎる。と興奮しきりでした。

婚前旅行中のイルゼオン離宮で、ミレーユの部屋でお酒を飲んでいるリヒャルトさんのもとにフレッドさんが訪れて、回想に耽る。というお話。
どうしても、リヒャルトさん視点なので、暗い感じになってしまいますが、だからこそ、フレッドさんの存在が大切だったんだなあ。としみじみ。

アンがきゃっきゃしているのを、昔はこんなはじけた感性の持ち主じゃなかったとか(笑)。
エドゥパパを挟んだフレッドさんとの三角関係だとか(笑)。
狼と闘った例の伝説だとか。
いつの間にか三人になる修行の旅路とか。
読みたかったいろいろが短いながらもさらりと描かれていて、満足でした!
アルテマリス編のリヒャルトさんの本性が、どんな本性?と思っていたのですが、そんな過去があったのねぇ。と納得。
セシリアさまと再会して柔らかくなっていったのねぇ。と思いました。

でも、なんだかんだとフレッドさんの前では、素でいるリヒャルトさんの口調が何とも言えず。
ミレーユの前では恰好つけたいリヒャルトさんがとっても可愛かったです!
勇者になりたいフレッドさんも改めて惚れ直しましたよ(笑)。
ミレーユ大好きなフレッドさんが大好きなので、そういった意味でも非常に嬉しかったです!
思わず「誓約」を読み返す自分がいました(笑)。
楽しく口を滑らすフレッドさんが、いつミレーユに教えてあげるのかも楽しみです(笑)。

もちろん六蓮も収録されていました。
「光の思い出」とありましたが、読んだ後タイトル確認して噴きました(笑)。

二月発送ということで、バレンタインネタだと思いますが、届いたのは四月…。
編集部側の手落ちということがよくわかる作品でしたよ…(ははは)。

結蓮ちゃんの乙女ぶりがよくわかる可愛らしいお話でした!

こういう全サで共通して思うのは
市販してください!!!
もったいないと思うのよー。
以上です。失礼いたしました。

蛇足の感想を拍手の向こうに置いてあります。
フレッドさんについて(笑)。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusinka.blog115.fc2.com/tb.php/370-4ecf8bf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そよそよと «  | BLOG TOP |  » 黒髪の表紙

プロフィール

moa

Author:moa
水瓶座  AB型
いくつになっても
  乙女心は必携です。
【みがはくは身代わり伯爵の略?】

クリックで救える命がある。

クリックで救える命がある。

継続は力なり。 ちりも積もれば。

むらっくくん

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報

無力ですがせめて応援だけでも。

FC2カウンター

カテゴリ

はじめまして (1)
日々の徒然 (106)
みがはく (222)
みがはく感想記事一覧 (1)
雨が上がると (34)
記事一覧 (1)
読後の感想 (91)
感想記事一覧 (1)
コミックス (13)
トラックバックテーマ (6)
未分類 (4)
ファイルアップ (0)

最新記事

竜退治と世界征服への野望

いつもお世話になっております。

最新コメント

mail

何かありましたらお気軽にどうぞ。 素早い行動はできませんが(汗)。

検索フォーム