2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身代わり伯爵の婚前旅行 III ひみつの誕生日大作戦 (角川ビーンズ文庫) - 2012.10.01 Mon

身代わり伯爵の婚前旅行    III ひみつの誕生日大作戦 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の婚前旅行 III ひみつの誕生日大作戦 (角川ビーンズ文庫)
(2012/09/29)
清家 未森

商品詳細を見る
大作戦の行方は?

いよいよ明かされる誕生日?と思いきや。
以下感想。
何を読んでも大丈夫な方のみでお願いします。


感想の書き方すっかり忘れていると思ったら前巻は2月発売でしたね。
サブタイトルの可愛らしさに、どれだけミレーユが可愛いのかしらー?とのんびり構えていたら…。
清家先生大好きです!でも次巻待ちきれません!な一冊でした。

ということでまずは表紙から。
ミレーユ可愛いー!残念ながら二人きりではありませんが(笑)。

フィデリオさんの印象もこのころ↓から比べると
身代わり伯爵の花嫁修業  III 禁断の恋の手記 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の花嫁修業 III 禁断の恋の手記 (角川ビーンズ文庫)
(2011/01/29)
清家 未森

商品詳細を見る

随分と変わりましたね。間に入らなくていいの?な今巻でした。

今回の帯には、バースデーフェスタということで。描き下ろしweb小説が読める全プレ付き。
スペシャル企画付き。注目あれ。

ミレーユにフレッドさんカラーだ!と思っていたのですが、今までの表紙を見返していたら、意外とこの衣装着ていたんですね!すぐにブックカバーつけてしまっていたので、全然気が付きませんでした…orz。
著者プロフィール。美味しそうです(笑)。

人物紹介のイラストは素敵ですが、入りきらない登場人物に思いを馳せてしまいます(笑)。

さて、本編。
序章「二人の大公」
家業?について語る二人の様子は個人的に好きです。
最後まで読んで、読み返すと、もうなんだかねぇ。

第一章「内緒の誕生日計画」
リヒャルトへの贈り物調査に乗り出すミレーユですが、まずは最初に早朝からの筋肉交流にご登場(笑)。
ねぎし先生のイラストも気合入ってますよねー(笑)。
お気に入りはテオなのかしらー?(笑)。
案の定参考にならないので、スケジュールをこなしつつ調査続行するミレーユの前に、

「いたの!?いつから!?ていうかその登場の仕方気に入ったのね!」

と紅薔薇の繁みからフレッドさん登場(笑)。
二つ名は『王宮を駆ける地獄耳の美少年』だそうです(笑)。
ジークとフレッドさんに遊ばれるミレーユは相変わらず可愛い!
目を輝かすミレーユのイラストが非常に愛しいです(笑)。
嬉しそうなジークの顔ったらないですね(笑)。

「団長!あたしやってみます。殿下を有頂天にさせてあげます!」


可愛いなあ。ミレーユ。

第二章「恋の花が乱れ咲き!」
ミレーユ主催のお茶会で、予告にありましたセシリアさまのお相手の噂が!
ユーシスとアンジェリカは!
エルミアーナに新しい王子様が?
と登場人物が多いので、実に恋の花が乱れ咲いていました(笑)。
ママと団長は!?
とミレーユ並みに興味津々なのですが(笑)。

「いやー、ただの飲み友達でしょ」


というフレッドさんの真意も知りたいです。
エドゥパパに親孝行するミレーユのイラストの光具合に噴きました(笑)。
なんだかんだで美味しいパパです。
忠義者なロジオンが誰と恋の花を咲かせるのかも気になるところです。
…そんな日が来ると信じていますよ?

第三章「思い出めぐりと許されない恋」

「それで結構。ぼくが本気でつぶそうとしてる時だけ気にしてください」


フレッドさん!!
白薔薇乙女なので。くらっくらして惚れ直しました(笑)。
あー。素敵!
個人的にはこの距離感がいつまでも続けばいいのにー(笑)と思ってしまいますが。
それぞれが幸せならそれでいいのです。

思い出めぐり先の図書室でシュバイツのラス殿下の所業に、すかさず消毒を施していたリヒャルトさんは微笑ましかったです(笑)。
フィデリオさんの事情も少し明かされましたが。
どうなるのかなあ。この先。

第四章「第二妃疑惑と令嬢の謎」
令嬢はぶどう酒色の瞳の方なのでしょうか?

「言わないでください、お願いしますジーク様」


…噴いた。
いろんな思惑が交錯していますが、節々に清家節がうなってますよね(笑)。
誕生会の前哨戦な白百合騎士団官舎での食事会には、ダニエルさんとトーマスさんの会話もあったりと和みました!
ママとパパの明日はどっちなんでしょうね(笑)。
さりげなく以前の全サネタもあって、柴田先生のコミカライズに期待できるのかな?と思ってみたり。

第五章「宝石泥棒との対決」
散らばっていた伏線が回収されて、宝石の行方が分かったようなわからないような。
思わぬ展開にうわぁ!となって、最後まで読んだらうわぁぁぁぁあ!続きー!!!
こういう時こそ二ヶ月連続刊行してほしいと切に思いました…。
一月遠すぎる…orz。

動揺しすぎて、ちっともまとまらなかった感想に最後までお付き合いありがとうございました。
三ヶ月したら、落ち着いているかしら?私の心臓。
シーカさまが颯爽と登場して、美味しいところをさらっていくのかしら?と想像しながら。
目前の10月22日を忘れないようにしたいと思います。

それでは。
朝晩涼しくなってまいりましたが、体調など崩されませんようご自愛くださいませ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusinka.blog115.fc2.com/tb.php/391-1ec7f449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月刊 Asuka (アスカ) 2012年 12月号 «  | BLOG TOP |  » 長月

プロフィール

moa

Author:moa
水瓶座  AB型
いくつになっても
  乙女心は必携です。
【みがはくは身代わり伯爵の略?】

クリックで救える命がある。

クリックで救える命がある。

継続は力なり。 ちりも積もれば。

むらっくくん

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報

無力ですがせめて応援だけでも。

FC2カウンター

カテゴリ

はじめまして (1)
日々の徒然 (106)
みがはく (222)
みがはく感想記事一覧 (1)
雨が上がると (34)
記事一覧 (1)
読後の感想 (91)
感想記事一覧 (1)
コミックス (13)
トラックバックテーマ (6)
未分類 (4)
ファイルアップ (0)

最新記事

竜退治と世界征服への野望

いつもお世話になっております。

最新コメント

mail

何かありましたらお気軽にどうぞ。 素早い行動はできませんが(汗)。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。