2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身代わり伯爵の婚前旅行 IV絡み合う恋の糸 (角川ビーンズ文庫) - 2013.01.01 Tue

身代わり伯爵の婚前旅行  IV絡み合う恋の糸 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の婚前旅行 IV絡み合う恋の糸 (角川ビーンズ文庫)
(2012/12/28)
清家 未森

商品詳細を見る
婚旅4冊目。

絡み合う恋の糸はほどけるのか。ということで以下感想。
何を読んでも大丈夫な方のみでお願いいたします。


あけましておめでとうございます。
乙女心にお年玉をいただきました。清家先生ありがとうございます。

ということで、始まりました新年。皆様いかがお過ごしでしょうか。
二年越しの脳内フェスティバルも開催中です。
今年も幸せな年になりそうです。よろしくお願いいたします。

さて、表紙から。
アルテマリス兄弟ー!
間にリヒャルトさんが入るのは当然ですね(笑)。
キラキラ兄弟大好きです。

次に帯。
六蓮三ヶ月に驚いたのですが、今巻のあおり文句にも噴きました。
個人的には、そんなこと言われて嬉しいのか?派なのですが(笑)。
イラストのカラーはクリスマス意識されていたのでしょうか?

そして本編。今回は+短編二本という変則的な仕様です。
私は流れに支障がなければこういう形も好きです。

第一章「蒼い誇り」
カッコイイー!!!
あらすじにありました、冷酷なリヒャルトさんと悪霊なミレーユさん大活躍です。
冷酷な殿下はいつものことですが、ホント容赦がなくて(笑)。
彼女には気の毒ですが、安心して読めました。

「誰のせいで悪霊になったと思ってんのおおぉぉっ!!」


ミレーユ愛してるぅー!
一筋髪の毛をくわえているイラストは絶品でした!

それでもピンチには違いなく。
事の収拾にあたる心労などはリヒャルトさん役得(ねぎし先生のミレーユは何しても可愛い!)と思いつつも頑張れ殿下と思わずにはいられませんでした。

第二章「誕生日は大騒ぎ」
公式生誕祭。
侯爵夫人は、アルテマリスの某侯爵夫人ですかね?と思いつつ。
私的誕生祭。
ルド様!!!(笑)。
ぶつぶつ言いながらというのがとても彼らしくて微笑ましかったです。内容知っていたんですかねぇ(笑)。
二人のいちゃいちゃは安定の天然対決でした。
嬉しそうな殿下は「おめでとうー!」と言わずにはいられないデレデレっぷりでした。

「ひでんか!たかが逢い引きごとき、今から兄さんとやれば問題ないっすよ!」

テオ名言だよ(笑)!

リボン巻いたミレーユも髪を気にするミレーユも可愛かったー!
フィデリオさんは次シリーズで決着つくのでしょうかね?
アリアンヌ嬢とのリゼランド乙女会話は楽しかったです。

第三章「絡み合う恋の糸」

「ほんとにやったんだ?きみならやるってお兄ちゃん信じてたよ!で、なんで怒ってるの?」

こういうフレッドさん大好きです(笑)。

エルミアーナの絡まった恋の糸はすっきりしましたねー。
フレミレヴィルエルセシの若者?集合イラストは眼福。

「はい。意地悪ですよ。姫が思っていらっしゃるより、ずっとね」

フレッドさんとエルミアーナの会話って私すごく好きなんですよね。
そして、

「滞在中に意地でも一度はうろたえさせてやる……」

という、ジークとリヒャルトさんの会話も大好きです。もっとやってー(笑)。

第四章「晴れの日と招待状」
祝!剣の誓約。
いやー。殿下おめでとう!これからも大変だと思うけど、ミレーユがいるから大丈夫だよね!としみじみ。

そして、アルテマリスには寂しがりやさんが多いので、私悶絶するわー(笑)。

ラスト二人の安定のいちゃいちゃぶりはジークの計略に噴きました。
本音でもっと話すといいよ(笑)。

旅行の次の行程はリゼランドとなりましたが、呆然とするミレーユの可愛さにメロメロになりながら、女王陛下の登場を楽しみにしております。

さて、短編一本目「エルミアーナと王子様たち」
何度も繰り返しますが、エルミアーナとフレッドさんの会話が好き!
二人の約束が果たされるのが楽しみです。二人の再会は楽しみですごく幸せそうですよねー。
エルミアーナはリゼランドにも同行するのでしょうかね?
イゼルスさんのモテ男っぷりににやにやさせていただきました(笑)。

短編二本目「団長の恋物語」
…タイトルだけで絶叫できるわー(笑)。
ママの恰好良さに拍手して団長の恰好つけに噴きました(酷)。

団長あんなに恰好いいのにー。
ヴィレンス兄弟の仲良しぶりはまだまだ見たいところです。

エドゥパパ!
エドゥパパ!!
エドゥパパ!!!

まさかイラストでも格好いいところを見ることができるとは思っておりませんでした。
乙男←?だからね!
台詞の恰好よさは群を抜いていると思う。と思うのは私の贔屓目でしょうか(笑)。

そして、忠実な副長のためにもはやく幸せを掴んでほしいと切に思いました。
…ていうか、イゼルスさんの上を行く女性という時点ですでに希少価値ですよね(笑)。

ということで、以上長々とお付き合いありがとうございました。

心臓に悪い一冊でした(笑)。
前巻からドキドキしっぱなしでしたが、読み終わってもドキドキしっぱなしでした(笑)。
清家先生・ねぎし先生のご健康を祈り、編集の方も斜め上に行っていそうな気がしますが、無事に発刊していただけるようにご健康を祈り、今年も応援していきます。
柴田先生のコミカライズももちろん楽しみにしております!

それでは。













スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

雨が上がると 32 «  | BLOG TOP |  » 暮れ

プロフィール

moa

Author:moa
水瓶座  AB型
いくつになっても
  乙女心は必携です。
【みがはくは身代わり伯爵の略?】

クリックで救える命がある。

クリックで救える命がある。

継続は力なり。 ちりも積もれば。

むらっくくん

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報

無力ですがせめて応援だけでも。

FC2カウンター

カテゴリ

はじめまして (1)
日々の徒然 (105)
みがはく (222)
みがはく感想記事一覧 (1)
雨が上がると (34)
記事一覧 (1)
読後の感想 (91)
感想記事一覧 (1)
コミックス (13)
トラックバックテーマ (6)
未分類 (4)
ファイルアップ (0)

最新記事

竜退治と世界征服への野望

いつもお世話になっております。

最新コメント

mail

何かありましたらお気軽にどうぞ。 素早い行動はできませんが(汗)。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。