2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身代わり伯爵の結婚行進曲 II決意と別れの夜 (角川ビーンズ文庫) - 2013.10.02 Wed

身代わり伯爵の結婚行進曲  II決意と別れの夜 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の結婚行進曲 II決意と別れの夜 (角川ビーンズ文庫)
(2013/09/28)
清家 未森

商品詳細を見る
隠し子騒動の結末と不穏な予感。

表紙の不安そうなミレーユの表情通りの一冊でした。
読み終わった後、どうにもモヤモヤというかグルグルというか……。
以下。
何を読んでも大丈夫な方だけでお願いします。


読後まず第一声は、うわー!これが決意と別れの夜か!でした。

フィデリオさんが何かやるかと思っていましたが、最後の一文が…。
切なくて、いろんな妄想が広がりました。

さて、まずは表紙から。
リヒャルトさんが付かず離れずなのが(笑)。→花嫁合宿を除いては、誓約以来ずっと二人一緒ですね?いちゃいちゃと不穏な状況を鑑みてでしょうか。
グレンとフィデリオに囲まれたら、リヒャルトさん必須か…。

「……俺にも、あなたみたいな人がいてほしかった」


帯にもあらすじにもこの一文。
切ない。切ないが、すでに先を越されているからなあ。ここで、あっさりと自分の元に来るような人じゃないからいてほしいんだからねぇ。

と、これで、「俺」がリヒャルトさんだったり…と妄想するのも一興です。いやいやいや。
隠し子グレンくんも初登場です。読み終わった後だとこの子は楽しく見ることができます。

プロフィール…私はわさびが苦手です(誰もきいていない)。

カラー口絵…ミレーユ可愛い!女装ミレーユがカラーで見られます!この距離は、リヒャルトさんが堪えるのに必要な距離なんでしょうか(笑)。個人的に若草色好きなので嬉しいです。婚約式のイメージですかね?


序章「二人だけの誓い」

リヒャルトさんとフィデリオさん。この二人って、この二人だけで企み事するからうまくいかない気がする。
イラストでもふたりきりですよ!

第一章「消えた少年」

グレン脱走に苦悩する許嫁をお互いに慰める…。本当に恋人同士らしくなりましたよね。
フレッドさんが安心して送り出せるはずだわーと。しみじみしてしまいました。

リゼランド滞在中は、女王陛下が楽しいですね!
夫であるセルシウスをあそこまで心配させるとは(笑)。
緊迫しているはずなのに、一気に空気が変わります(笑)

第二章「本当の顔」

「別に、そんな、好きなんかじゃありませんっ」


わーい!トキメク展開キター(笑)。
個人的に、女の子が追いかける方が楽しいので、この先楽しみです。ガツンと目を覚ましてあげて欲しいわぁ。

フィデリオ側の事情が明かされてきますが。
うーん。悩ましいですね。マージョリー様に相談とかなかったんですかね?
アルテマリスを出た頃のリヒャルトさんを思い出しつつも、親友フレッドさんの存在が大きいですよね。と思いました。

そんなリヒャルトさんは間(の悪い)男振りを如何なく発揮するし、ロジオン、団長、シーカ様と、ミレーユの護衛の厚さも再認識いたしましたよ(笑)。
シーカ様素敵!(笑)。そして団長も大好きです!可愛いわぁ。
ねぎし先生ありがとうございます!

「俺はよほど嫉妬深い男と思われてるのかな」
「違うの!?」
「いや……違わないです」

噴いた(笑)。

第三章「邂逅」

ミレーユは王子様と出会った。
ということで、女王様の舞台解禁。
いやぁ。楽しいわぁー(笑)。

ミレーユは弟と出会った。
ということで、シリアスな展開ももちろん同時進行です。
事情が明かされていくのが切ない切ない。

第四章「覚悟の告白」

「一緒よ!兄も弟も女装趣味なんてすっごく残念だけど!そこまでして会いに来るなんてあんたも相当ね!」


ミレーユの啖呵はいいなあ。

そして、さらわれ続けるミレーユの護衛にロジオンとシーカ様がいよいよ手を組んだのかと思うと、安心なような不安なような(笑)。

そんな護衛の活躍もあり、いよいよフィデリオさんの告白です。
アリアパパも登場の回想シーンは何とも可哀相。可哀相ですよぅー。
子供の頃の夢がまた切ない。一度は叶わないとあきらめきってしまっていますものね。
この辺りから、もう、だんだんほだされてしまうので、もう、もうねぇ。

とか思っている間に、反撃の準備です。
アリアちゃんが可愛くて、女王夫妻が和む。
リゼランド女性陣は楽しいですねぇ~(笑)。

第五章「隠し子の秘密」

フィデリオの告白の後は、グレンの告白ですね。
第五師団の活躍となんと!思わぬ人の登場でしたね。

隠し子騒動の元凶と言えば元凶なので、そのうち登場するかと思っていましたが……!
パパ素敵~!!!
今回の諸々がいろいろ吹き飛んで、パパの恰好よさを堪能させていただきました(笑)。
奥様が病弱ということで、もっと弱々しい儚げなイメージだったのですが、そんな方だったとは思いもよりませんでしたよ!
よく母上にばれなかったよね…。
その辺りはいずれ短編で読めるのかしらねぇ。と期待しています。

そして、ルド様。それはちょっとどうかと思うよ…。大事な若君が傷つくよ…。

第六章「夢見る未来と夏の夜の別れ」

「陛下……。私、聞いていませんが」

女王陛下夫妻は和む。

「なっ!?ちょ、く、詳しく聞かせてもらおうかっ!!」

こんな仲の良い婿と舅もそうそういないよね(笑)。

「よほど嫉妬に狂った男に見えているんですね……」
「違うの!?」

まだ当分このやり取りも続いてほしいなあ(笑)。

そして最後の一文ですよ!

みがはくは、コメディとシリアスの乱高下が激しいですが、今回は最後の最後にシリアスな爆弾が控えていて、衝撃でした。
うぇぇぇぇぇぇぇ~ぇぇぇぇ!?
気持ちをどこに持っていったらわからないので、いろんな妄想をして、次巻を待ちたいと思います。

あとがきには次回の予告はありませんでしたが、2月くらいなんでしょうかね?
特設ページで2月2月と連呼しているので。

総選挙中間発表はセシリアさまが大健闘ですよね!
一位は双子のどちらかと思ったら、双子に慕われている方だった!
面目躍如ですねぇ。
日々耐え忍んでいる努力が評価されているのでしょうか(好き勝手なことを)。
カップリングは第5位の若い頃のお話とかが楽しみかなあ。
私の本命カプは日々叫んでいますが、入っていなかったよ(笑)。

そして、新シリーズのコラボ企画って…。
できれば、季さまの若い頃とかじゃだめですかね?
あちらも気になりますが。

そんなこんなで最後までお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusinka.blog115.fc2.com/tb.php/428-dee341fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雨が上がると 34 «  | BLOG TOP |  » 近況

プロフィール

moa

Author:moa
水瓶座  AB型
いくつになっても
  乙女心は必携です。
【みがはくは身代わり伯爵の略?】

クリックで救える命がある。

クリックで救える命がある。

継続は力なり。 ちりも積もれば。

むらっくくん

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報

無力ですがせめて応援だけでも。

FC2カウンター

カテゴリ

はじめまして (1)
日々の徒然 (106)
みがはく (222)
みがはく感想記事一覧 (1)
雨が上がると (34)
記事一覧 (1)
読後の感想 (91)
感想記事一覧 (1)
コミックス (13)
トラックバックテーマ (6)
未分類 (4)
ファイルアップ (0)

最新記事

竜退治と世界征服への野望

いつもお世話になっております。

最新コメント

mail

何かありましたらお気軽にどうぞ。 素早い行動はできませんが(汗)。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。