2017-11

赤毛のアン―シリーズ・赤毛のアン〈1〉 (ポプラポケット文庫) - 2010.04.26 Mon

赤毛のアン―シリーズ・赤毛のアン〈1〉 (ポプラポケット文庫)赤毛のアン―シリーズ・赤毛のアン〈1〉 (ポプラポケット文庫)
(2008/03)
ルーシー・モード モンゴメリ

商品詳細を見る


身代わりつながり読書シリーズ?
自分的宿題(現地に行ったことがある)でもあったのですが、イケダ様の赤毛のアン的表現というのに触発されて。

いわずと知れた世界の名作。
いろいろと出ているようですが、なじみのあるポプラ社で(笑)。
子供向けなので大分端折られているんですね。
新潮社は大人向けなんでしょうか?
本屋で見ようと思ったら集英社しかなかった・・・・・。

男の子が欲しいと思っていたグリーンゲイブルスに孤児院から手違いでひきとられた空想好きの少女アンの成長物語。

以下感想。



・・・・・アンが他人とは思えない(笑)。

子供の頃に読んでいたら素直に認められなかったかもしれませんが(笑)。
ボーっと外を眺めながら空想に浸るって(笑)。
大好きです。いまだと妄想に浸るになりますね・・・・・。

乙女のバイブルにされるのに深く納得した次第です。

アンも可愛かったのですが、マリラとマシュウが素敵です。
マリラがいちいち可愛くてどうしましょう(笑)。
一生懸命一生懸命アンにほだされまいと頑張っている様子が愛しくて仕方ない(笑)。
マシュウとの兄妹の呼吸も絶妙で(笑)。
おにいちゃんに任せてしまえ的な妹の気持ちはとてもよくわかります(笑)。

とても幸せな気分にさせていただきました。
続きを児童向けで読むか新潮社で読むか迷うところです。

海外モノは翻訳者さんによって大分印象も変わると思うのですが、村岡花子さんは非常に読みやすかった・・・・・というか好みです。
ポプラ社のシリーズは小学生の頃に「おちゃめなふたご」のシリーズを読んでいたのでいい思い出なのかもしれませんが。
いろいろ懐かしくなって、おちゃめなふたごも読み返したくなりました。

ああ、もう一つ余談。
「たゆとう小船の白ゆり姫」という章タイトルで赤毛の白ゆり姫が登場です。
アーサー王とランスロットにまつわるエレーン姫のエピソードだそうです。
みがはくネタ・・・・・(笑)。とちょっと思いました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusinka.blog115.fc2.com/tb.php/97-6c16e713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤い蝋燭と人魚 «  | BLOG TOP |  » ドラマCD 身代わり伯爵の結婚

プロフィール

moa

Author:moa
水瓶座  AB型
いくつになっても
  乙女心は必携です。
【みがはくは身代わり伯爵の略?】

クリックで救える命がある。

クリックで救える命がある。

継続は力なり。 ちりも積もれば。

むらっくくん

博物館・美術館、図書館、文書館、公民館の被災・救援情報

無力ですがせめて応援だけでも。

FC2カウンター

カテゴリ

はじめまして (1)
日々の徒然 (106)
みがはく (223)
みがはく感想記事一覧 (1)
雨が上がると (34)
記事一覧 (1)
読後の感想 (91)
感想記事一覧 (1)
コミックス (13)
トラックバックテーマ (6)
未分類 (4)
ファイルアップ (0)

最新記事

竜退治と世界征服への野望

いつもお世話になっております。

最新コメント

mail

何かありましたらお気軽にどうぞ。 素早い行動はできませんが(汗)。

検索フォーム